昔ながらの町並みが味わえるおかげ横丁

庶民に親しまれる伊勢の神宮

「おかげ」で賑わうおかげ横丁

おかげ横丁は、第61回神宮式年遷宮の年、1993年(平成5年)7月16日に、伊勢神宮内宮の門前町「おはらい町」のまん中ほどに開業しました。おかげ横丁の名称はお伊勢さんの「おかげ」という感謝の気持と「おかげ参り」にちなんでいます。

おかげ横丁はいわゆるテーマパークではないので、入場料といったものはありません。 おかげ参りで賑わった頃の町並みという統一したコンセプトで造られていて、現代からタイムスリップしたような気分が味わえます。

約4000坪の敷地内の建物はすべて木造、瓦葺きです。河崎の問屋街、桑名の山林王が住んだという洋館、三重県内の旧家など由緒ある建築を細部にまでこだわって再現することによって、江戸時代末期から明治初期の門前町の町並みをあらわしています。

凝縮された伊勢志摩の魅力

伊勢志摩地方の魅力が凝縮されており、桑名のしぐれ蛤、亀山のローソク、松阪木綿の店、おもちゃ、駄菓子、縁起物の小物などの店が軒を並べ1日では回りきれない、見て歩くだけでも楽しい横丁です。三重の老舗の味、名産品、歴史、風習、人情まで、一度に体感することができます。

町並みの特徴は、伊勢人が"神様のお住まいと同じ平入りでは恐れ多い"と妻の部分に玄関を設けた「妻入り」と、雨風の強い伊勢ならではの外壁の仕上げ「きざみ囲い」などが主です。建築材料は、トガ(栂)材を使用しています。

「おはらい町」との「おかげ横丁」との間に門などのしきりがないので境界は分かりにくく、名前も似ているので両者を混同する場合も多々あるようです。

時間帯にお気をつけ下さい

営業は年中無休
3月〜7月は、9時30分〜17時30分
8月は、9時30分〜18時
9月、10月は、9時30分〜17時30分
11月〜2月は、9時30分〜17時
※一部の飲食店は夜間営業あります。お盆、お正月などの繁忙期は特別設定です。
入場料は 無料(おかげ座のみ 大人300円 小人100円)
店舗数は 54店舗
施設構成は 28棟(飲食12店舗 物販36店舗 美術館・資料館・他6館)です。
お問合せは TEL:0596-23-8838
部署:おかげ横丁 総合案内(おみやげや)です。