伊勢神宮をあるく

庶民に親しまれる伊勢の神宮

とても広い伊勢神宮

伊勢神宮とは2つの正宮(外宮・内宮)、14の別宮、43の摂社、24の末社、42の所管社の合計125社の総称であり、一般的に「神宮」で通るの伊勢神宮だけです。

参拝の順番と順路は外宮の豊受大御神に参拝し、内宮の天照大御神を参拝するというのが古来からの慣わしとされています。 しかしなかなか参拝順序を決めるのは難しいことです。 1日で回りきれないという方もいるでしょう。

そこで今回は外宮と内宮の参拝順序を紹介させていただきます。

外宮の参拝順序

まずは外宮の参拝順序です。

表参道→手水舎→第一鳥居→第二鳥居→御正宮(御正殿)→土宮→多賀宮→風宮→神楽殿→北御門鳥居→北御門参道

内宮の参拝順序

続いて内宮の参拝順序です。

宇治橋→手水舎→第一鳥居→御手洗場→第二鳥居→風日祈宮→御正宮→荒祭宮→神楽殿→参集殿→宇治橋

基本参拝パターン

しかしこれだけ多いと1日で回りきらないという方が多くいるかと思います。 その場合は2日にわけて先に外宮、次の日に内宮を回るという手段があります。

しかし、年末・年始はたくさんの参拝客がくるため、計画していた参拝方法は難しいです。

またベストな基本参拝パターンもあります。

  1. 外宮→内宮(おかげ横町)
  2. 外宮→猿田彦神社→内宮(おかげ横町)
  3. 月夜見宮→外宮→猿田彦神社→内宮(おかげ横町)→月讀宮
  4. 二見興玉神社→外宮→猿田彦神社→内宮(おかげ横町)→月讀宮→倭姫宮→月夜見宮。

自分なりの楽しみ方をみつける

また自分にとってベストな参拝方法をするならば、インターネットなどで伊勢神宮の参拝順序を調べるといいかもしれません。 観光として伊勢神宮に参拝にくるのであれば平日なら1日で外宮と内宮を回ることができます。 またおかげ横町にも足を運ぶのならば、1泊2日で伊勢神宮に参拝することをオススメします。

伊勢神宮は大変広いため、参拝順序を決めることはなかなか難しいです。ですが、一度参拝しにくるとまた行きたいと思えるのが伊勢神宮の魅力です。

今回はこの順序で、次に参拝するときはこの順序でと決めておくと伊勢神宮の参拝順序を迷うことなく参拝することができるかと思います。