参拝の仕方で気をつけること

庶民に親しまれる伊勢の神宮

正しい参拝の仕方を知る

伊勢神宮に参拝に行った際、間違った参拝をしたりして恥をかくことは嫌ですよね? そこで今回は伊勢神宮での参拝の仕方について説明させていただきます。

まずは伊勢神宮は伝承として、外宮から参拝し、内宮に向かうといいといわれています。 さすがに広すぎて1日ではまわることができないという人もいるかもしれません、そういった方は2日かけてまわることをオススメします。

そして参道の中央は、神様が通る「正中」といい、人が通るところではありません。 伊勢神宮では、「外宮は左側通行、内宮は右側通行」と決まっています。

また鳥居をくぐる際には必ず一礼をしてください。実はこのことを「一揖」といいます。

そして参拝する前に皆様も見たことがあると思います、「手水舎」があります。 いままでここに行くことなく、参拝に向っていませんでしたか? 実は「手水舎」とは参拝者が手や口などを清めるために、水盤を置く建物です。 ここでしっかりと手や口などを清めてから参拝しないと神様に失礼になってしまいます。

はじめに身を清めてから

手水舎もやり方があります。まずは一礼して柄杓を持ち、水をすくいます。そして右手で柄杓を持ち、まず左手を洗います。次に柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗います。次にまた右手に柄杓を持ち替え、左手に水をくみ、口をすすぎ、静かに水を吐き出します。再度左手を洗い、両手で柄杓を持ち、垂直にたて、残った水で柄杓の柄を清めます。柄杓を伏せて元の位置に戻し、最後にもう一度一礼します。それが正しい方法です。

そしていざ参拝するときは、お賽銭をうやうやしく差し上げ、二拝(二礼)します。そして二拍手します。このときにできるだけ高い音を出すことで、神様に自分の存在を教えることができます。両手を合わせ、必ず先に氏名・住所を延べ、感謝の言葉を述べます。続いて「ご祈念」があれば申し出ます。そして最後に一拝(一礼)します。これが基本的な参拝の仕方になります。

伊勢神宮に行くならば、しっかりとした参拝方法を前もって調べておくべきです。 今回書かせていただいた内容をしっかりと読んで、伊勢神宮に参拝しに行ってください。