ツアーで参拝する伊勢神宮

庶民に親しまれる伊勢の神宮

参拝計画にあわせたプランを選ぶ

伊勢神宮は平成25年に、平成20年に一度の神事「第62回神宮式年遷宮」が行われます。 また、テレビでもパワースポットとして、グルメスポットとして取り上げられ話題になっています。 参拝だけでなくこういったスポットを巡るのも楽しみの一つです。 夜行バスでの日帰りプランなら10,000円程度から、しっかりと参拝してゆったりと宿泊して過ごすなら50,000円越えのプランまであり、どちらも添乗員付きでもフリープランでも楽しめそうです。

新幹線や飛行機を利用したプランでは、かなり高額になりますがリッチなツアーに参加できます。 ハイグレードな車両での電車移動や、大型観光ホテルでの余裕の宿泊セットも目立ちます。

行事にあわせたプラン

また伊勢神宮には、月の初めの朔日(ついたち)参りという行事もあります。 この日だけ販売されるグルメもあるそうで、参拝とグルメの弾丸ツアーという事です。 お伊勢さんの検定に合格したガイドさんが同行する神宮の雑学満載ツアーや、伊勢と言えば海の幸が豊富な地域ですので、食にターゲットを絞ったツアーも目を惹きます。

さらに、神宮式年遷宮までにはいくつもの行事・神事が執り行われるので、そういう神事にふれるツアーもあります。 各ツアー会社も一人から参加できるツアーや、グループ参加のツアーも予算や日程でプラン設計できます。 参拝場所の組み合わせや行事・神事に拘ったターゲットを絞ったツアーまで用意されています。

女性の方には安産や恋愛の願掛けに来られる方もいらっしゃるようです、内宮にはとても環境の良い、安産と縁結びのご利益のあるスポットがあるそうでここを訪れるツアーもあるようです。

日本一のバリアフリー観光を推進

希望すれば早朝の伊勢神宮をいろいろと案内してもらえて、参拝もできるお宿もあります。 1時間30分ほどの時間がかかりますが、早朝の清清しさと人気のない静かな参道は格別だという事で、人気のあるプランだそうです。

三重県知事は県民、観光業界、行政が連携して、「日本一のバリアフリー観光を推進する県」であることを、平成25年の神宮式年遷宮にあわせて宣言されています。 ボランティアの方もいらっしゃるので、誰もが自由なプランでお伊勢さん参りができるように盛り上がっています。